おもうこと

ねこと暮らす

なんとも長いこと、、このブログをスルーしてしまっていました。

見ている人がいるのかわからないけど、皆さんお元気でしたか?

私は何をやるにつけ、時間のかかる人間です。

苦手なものは何ですか?と聞かれたら、「急ぐこと」「スピード」とこたえるのが正しいと、思う。

そんなわけで、こういう文章も、こんなこと書こうかな、と思っているうちに時間が過ぎ、気持ちも違ってしまう。

いうなれば、のろまな怠け者ですな。なんかすみません。。。

 

そんな私の、ブログを書かない間の大きな変化といえば、ねこと暮らし始めたこと。

思っていた以上に、ねこはかわいい。知ってるようで、知らんかった。。

そして思っていた以上に、生活を持って行かれる!鈍臭い私なのでなおのこと、振り回されています。

だけど、圧倒的に、かわいい。

ねことはこんな存在だったのか!と、驚くことばかりです。

まんまるの目でじっと見つめるし、毎日ねこ語で話しかけてくるし、遊んで欲しいとPCに向かう私の服の袖を二の腕のお肉ごと噛んで引っ張るし、

トイレについてくるし、お風呂の前で出るのを持ってるし…etc

こんな気持ちは生まれてきて初めて!(どっかで聞いたような・・笑)というくらい、慈しんでおります。

なんせ、かわいい。もうあかん。

ほんま、世界中の人が残らず毎日ねこをなでればいい。平和になるよね。

今世ではどうやらもう子供は産まないであろう私の、大切な大切な、家族となりました。

しかし、どうしたって、私たち人間より寿命の短いねこたち。そのことが、仲良くなればなるほど、かわいければかわいいほど、切ないのです。

でも毎日一緒に、生きてる。それを見つめるのに、脳内の90%くらい持って行かれてる私は、もう猫廃人なのでしょう。