北 航平_kita kouhei – Imbalance Order And World

kita kouhei_eImbalance Order And World

 

北 航平 3rdアルバム『Imbalance Order And World』— [PFCD68] ¥2,160(in tax)—


高山 奈帆子の個人名義で、Track1, 6, 7にボーカル・コーラス・でゲスト参加。そして、すべての楽曲のタイトル(題名)も手掛けている。
数々の著名な音楽家を輩出している、日本の老舗レーベル・エレクトロニカの名門”PROGRESSIVE FOrM”よりリリースの作品。



〜以下、PROGRESSIVE FOrM 公式サイトより抜粋〜

『京都を拠点に活動し類い稀な才能を持つ音楽家/打楽器奏者である北 航平、くるり岸田繁も推薦した前作を遥に凌ぐ待望の3rdアルバム”Imbalance Order And World”が完成!』

『1stと2ndの叙情的なエレクトロニックサウンドをベースにしつつ、世界的にも非常にレアでとても美しい音色を奏でるアレイムビラ(カリンバの一種)を中心として数種類のスリットドラムなどの音階打楽器、ジャンベやウドゥドラムをはじめとした膨大なパーカッション群、ピアノやトイピアノなど様々な生楽器と肉声を取り入れ更なる独自のスタイルを探求した本作では、混沌としたリズムと美しいメロディーが調和をなした新たな世界観を確立、時間と空間を超越したかの如き比類なき充実した作品として帰結し、10年代後半を彩る傑作の1つとして語り継がれるであろう。

特筆すべきM3「Ruins Of Prayer」、M7「The Gear Of Destiny」をはじめ、細やかな音の粒子が幾重にもうねりを生みながら1つの壮大な叙情詩として描かれた仕上がりに、多様なサウンドを請け負う音のプロフェッショナルとしての表現力が如何なく発揮されている。Ametsub、aus、mergrimといったメロディアスかつ流麗なサウンドのファンに大推薦! 』

Based on the lyrical electronic sound of 1st and 2nd, it is based on Arraymbira (a kind of Kalimba) which plays a very rare and very beautiful tone worldwide, as well as several musical scale percussion instruments such as Djembe and Ududrum Incorporating a vast array of percussion groups, piano and toypiano and other natural instruments such as piano and toy piano and exploring further unique style, this work established a new worldview in harmony with chaotic rhythm and beautiful melody, It will result as an incomparable and fulfilling work as if it transcends time and space, and will be handed down as one of the masterpieces that will color the second half of the 2010s.Starting with noteworthy M3 “Ruins Of Prayer”, M7 “The Gear Of Destiny”, a variety of sounds are undertaken to the finished appearance of fine spectacular lyric poetry, while fine particles of sound creates swells many times. It is demonstrated how expressive power as sound professional is.I highly recommend it to fans of melodious and elegant sounds such as Ametsub, aus, mergrim!


北 航平 公式ウェブサイト_kita kouhei official website


 

← BACK

NEXT →

Discographyトップへ